08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 10

I am very hot now!!

KARAの腰フリダンスに混ざりたい。

Admin   /   New entry   /   Up load   /   All archives

カレンダー

カテゴリー

FC2カウンター

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

スポンサー広告  /  trackback --  /  comment --

page top△

天王洲スペシャル三回戦~ 

こんばんわ~


最近毎日のように某Y五段がエロキモイ問題をCOBRAの日記で出してくるので通勤電車の中でカウンティングをしていたら頭痛が始まり、気持ち悪くなって途中下車した くらです・・・ Y五段が出す終盤問題には何か特別な力があるので気を付けましょう。。。






では早速今日は天王洲SPの続きからいきます。





三回戦目

黒 尻注常連三段
白 くら二段



三回戦目のお相手は佐りん三段でした。佐りんさんと言えば病気をする度にかかりつけの病院で「はーいお尻出して下さーい」と言われ、注射を何本も打ち込まれている事で有名ですが、オセロの腕は確かです。ネットでも生でもほとんど勝った記憶が無いので今日こそは・・・と気張って対局に挑みました。



白番くら

\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2++●○●○+●
3++○●○●●●
4+○○○●●●●
5○○○○◆○●+
6+●●◆○○●+
7++★○○++●
8+++++○++


この局面c8かg2の二択だと思います。最初はc8で無難に攻めようかとも思いましたが、もし自分が黒ならここで一手打たされるとかなりキツイし迷うな~と思い、g2ちゃんに決めました^^ 逆にc8なんて打ってしまうとb7が飛んできそうで嫌でしたね・・・g2ピッ↓




\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2++●○●○☆●
3++○●○◇●●
4+○○○◇●●●
5○○○○●○●+
6+●●●○○●+
7++●○○++●
8+++++○++


まだh5・h6の二個空きをどう始末するかなど課題は残ってますが、正直余裕で勝ったな・・・と、いつもの甘い考えが脳の中で元気いっぱい駆けめぐってました。



しかし、日頃からお尻に注射された怒りが爆発し、いつのまにか首から下げていた「ひよこ」のネックレスが「にわとり」に昇段している佐りんさんの目つきが変わった・・・





そして「ぬおおおおおお!!」と叫びながら放ってきた一手はa4ピッ↓



\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2++●○●○○●
3++○●○○●●
4★◆◆◆◆●●●
5○◆○○●○●+
6+●●●○○●+
7++●○○++●
8+++++○++




ん?・・・






第一感・・・








お緩い\(^o^)/










しかし手拍子でa3に打とうとした時に手が止まった・・・







れ、、、、連打や・・・・ 今の一手でa6~f1のCラインが真っ黒になっており、いつのまにかh1→f1の黒連打形になっていた。 






「いやー危ない危ない(⌒∇⌒)でも白石乗せちゃえば良いだけだもんねー」



と気軽にb3→a6→a3→a2→c8となり・・・ピッ↓




白番
\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●○○●○○●●
4●○○●●●●●
5●●○○●○●+
6●●◇●○○●+
7++◇○○++●
8++☆++○++



佐りん「まだ連打諦めないなりーーー!!!」f7ピッ↓




\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●◆○●○○●●
4●○◆●●●●●
5●●○◆●◆●+
6●●○●◆◆●+
7++○○○★+●
8++○++○++

ま、まだ狙ってる・・・汗
これは白b7に打ってCラインに白石を乗せないと死んでしまうので初手b7は必須ですね・・・ただ、ちょっとヒヤッとしたのは b7→e8でb5がまた黒くなってしまう事です。 しかし、これには白d8と言う強力な中割があるので心配入りませんね^^




尻注三段もこの一連の流れに気付き、黒a8と打ってきました。


図1
\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●●○●○○●●
4●○●●●●●●
5●○○●●●●+
6●○◆●●●●+
7+◆○○○●+●
8★+○++○++


これはデンジャラースな一手です・・・
このa8の恐い所は、ここで気軽にa7に入ってしまうと、a7→b8→a1となった時に黒がh1と打ってくれればいいものの、f1に打たれてしまうとブラックラインが黒で通っているので白がh1に入れないんです・・・ピッ↓





\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●●○●○○●●
4●○●●●●●●
5●○○●●●●+
6●○●●●●●+
7☆◇○○○●+●
8●+○++○++


せい!b8ピッ↓


\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●●○●○○●●
4●◆●●●●●●
5●◆○●●●●+
6●◆●●●●●+
7○◆◆○○●+●
8●★○++○++


せい!a1ピッ↓



\ABCDEFGH
1☆●●●●+○+
2◇+●○●○○●
3◇●○●○○●●
4◇●●●●●●●
5◇●○●●●●+
6◇●●●●●●+
7○●●○○●+●
8●●○++○++



せせーい!!f1ピッ↓



\ABCDEFGH
1○●●●●★○+
2○+●○●◆◆●
3○●○●○◆●●
4○●●●●●●●
5○●○●●●●+
6○●●●●●●+
7○●●○○●+●
8●●○++○++



こうなってしまうといくら偶数理論が使えても、白は勝てません!なので図1ではa7以外を捜さなければいけないのですが・・・a7が天王山なので打たないと先着されるし・・・どうしたものか悩みました・・・いや、悩みませんでした。 もうこの一手しか無いと決まってましたww







打てぬなら~





消して見せよう





ホットナーウ!!!








\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●●○●○○●●
4●○●●●●●●
5●○○●●●●+
6●○◆●●●●+
7+◆○○○●+●
8★+○++○++


チェエエエストーーー!↓ピッ


\ABCDEFGH
1+●●●●+○+
2●+●○●○○●
3●●○●○○◇●
4●○●◇●●◇●
5●○○●◇●◇+
6●○●●●◇◇+
7+●○○○◇☆●
8●+○++○++


えーーと、、チェーーストーーってなんのかけ声でしたっけ?なんかの漫画で出てきた気がしますが思い出せません・・・ただ、このg7にはピッタリなかけ声なはずです 謎


話は戻りますが、、、そう、a7に打てなくしてしまえば良いのです^^
ホワイトラインが無理矢理切る為にはd8かh6しか無く、h6ならh5と入れば問題無いし、d8ならe8で完全に偶数になりそうです。実戦では予定通りd8→e8となり、その後石損しながらも2石勝ちになりましたが、実は上の譜面ではまだ黒勝ちみたいです。






かなり難しいですが・・・





まずは黒f1→白a1→黒a7→白b2といきます↓ピッ



\ABCDEFGH
1○○○○○○○+
2●☆◇○●●●●
3●◇○●●●○●
4●○●●●●○●
5●○●●○●○+
6●●●●●○○+
7●●○○○○○●
8●+○++○++


ここまで来ても普通に間違えそうですが、ここでうかつにb8と入ってしまうと白パス→黒d8→白e8もしくは白h5→・・・で最後にh1の一手が残ってしまうので白2石~4石勝ちになってしまいます。 白にパスさせた為に負けてしまうなんともやっかいな局面ですね。 



しかし冷静に考えれば、今パスさせなくてもg列を真っ白にすれば黒が右下を連打出来そうな匂いがしてますねw それを考えると・・・




黒e8→白d8→黒b8→白h1!と言う手順でg列がめでたく真っ白になり、右下に黒が三回打てる形になる訳です。↓


\ABCDEFGH
1○○○○○○○+
2●○○○●●●●
3●○○●●●○●
4●○●●●●○●
5●○●●○●○+
6●●●●●○○+
7●●○◆◆○○●
8●+○+★○++



ふん!ピッ↓


\ABCDEFGH
1○○○○○○○+
2●○○○●●●●
3●○○◇●●○●
4●○●◇●●○●
5●○●◇○●○+
6●●●◇●○○+
7●●○◇◇○○●
8●+○☆◇○++



ふんー!ピッ↓


\ABCDEFGH
1○○○○○○○+
2●○○○●●●●
3●○○○●●○●
4●○●○●●○●
5●○●○○●○+
6●●●◆●○○+
7●●◆○○○○●
8●★○○○○++



ふふふーん!ピッ↓




\ABCDEFGH
1○○○○○○○☆
2●○○○●●◇●
3●○○○●◇○●
4●○●○◇●○●
5●○●○○●○+
6●●●●●○○+
7●●●○○○○●
8●●○○○○++



ここまで読んで黒f1と言う手が打てたら気持ち良いでしょうねー^^
あと何年かかることやら・・・








四試合目


黒 塚本一級
白 くら二段



激闘が続き、やっと級位者の方に当たったので一息つけるかな?と甘い気持ちでいましたがとんでもない・・・今日の天王洲カップの結果を見たら初段になっているではないですか!と言う事は・・・あの時は初段を申請してないなんちゃって一級だったのか( ̄□ ̄;)
ふむ、、、まんまと俺俺詐欺にかかってしまったようだ。



~中盤~


\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●++
3○++●●+++
4+○●●◆★++
5+○○○○○○+
6++○○○○++
7++○○○○++
8+○○○○○○+


普段種消しオセロなんてしないのに、流れでこんな事になってしまいました・・・
一つのミスでも致命的になるので慎重に進めていましたが、ここでg3・f3と二手打つか、b3・c3と二手打つかの二択だと思い、ここで何気なく打ったb3が大悪手でした(⌒∇⌒)ピッ↓


図1


\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●++
3○☆+●●+++
4+○◇●●●++
5+○○○○○○+
6++○○○○++
7++○○○○++
8+○○○○○○+



この後b6→c3→a4となるだけで白が凄く不利に見えます・・・ピッ↓



\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●++
3○○○●●+++
4★◆◆◆●●++
5+○●○○○○+
6+●○○○○++
7++○○○○++
8+○○○○○○+


これは流石に白ヤバスですね・・・こうなる前にb3に打ってはいけないと気付くべきでした。 幸い実戦では図1からの黒がa6と打って来たので互角の形成に戻り命拾いしました^^




時は流れ・・・



白番

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●++
3○○○●●+++
4+○○○●●+○
5○○○○○●○+
6●●●●●●◆●
7++○○○○++
8+○○○○○○+

ここではf3・g3・g4のようなL字型になってる時は真中に打つもんだ!と練習会の時に末国九段が言ってた事もあり、初手g3は決まっていたが・・・白g3→黒h5と当てられた時に気合いでh7を取らないといけなそうだったので凄く不利に感じていました。しかし、他に良い手も見つからないので渋々へg3ピッ↓


\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●++
3○○○●●+☆+
4+○○○●◇+○
5○○○○○●○+
6●●●●●●●●
7++○○○○++
8+○○○○○○+


しかし!ここで全く考えて無い手が飛んで来ました・・・↓ピッ



\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●+★
3○○○●●+◆+
4+○○○●◆+○
5○○○○◆●○+
6●●●●●●●●
7++○○○○++
8+○○○○○○+






!!!!







なんだこれは!!!





当てられるだけで相当嫌だったので、これは願っても無いチャンス(⌒∇⌒)!と思いました。しかし良く見ると・・・




白g4→黒h5→・・・白h3が打てない( ̄□ ̄;)がーん




しかし、こういった手には必ず抜け道?みたいなのがあるはずなので必至に考えましたが、h5→h3→g7の手すら使えない状態・・・(-人-)
考えても考えても良い手が見つからないので、こりゃ一本取られちゃいましたね、諦めましょう・・・って事でひとまずg4ピッ↓



\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●+●
3○○○●●+●+
4+○○○◇◇☆○
5○○○○●◇○+
6●●●●◇●●●
7++○○○○++
8+○○○○○○+



もちろんh5に来ますよね・・・ピッ↓



\ABCDEFGH
1++++++++
2+++++●+●
3○○○●●★●+
4+○○○◆◆○○
5○○○◆●◆○+
6●●●●○●●●
7++○○○○++
8+○○○○○○+






!!!!






な・・・何故だ・・・( ̄□ ̄;)





ただ辺を取りに行っただけのh2なのか?それとも僕に見えてない何かがあるのか?と色々考えましたが、特に何もなさそう
(⌒∇⌒)・・・
と、言う訳でh5→h3→c2でh7を一時的に打てなくして、あとはなんとなくCラインを守ってたらなんとなーく偶数になって、終局したので数えてみたら2石足りてました^^  




かなり助けられた感が満載な対局でしたが、勝ちは勝ちっす^^







五試合目


黒 美食家初段
白 くら二段


さぁ三勝一敗で美食家初段です。超おつよい系に当たると思いきや、超美食家系に当たったので心の中ではガッツポーズしてました。この慢心な心構えに罰が当たらない訳が無いですね・・・




とある人の中盤の出来事。




白番

\ABCDEFGH
1++++++++
2+++○○●++
3★+○○○●○+
4+◆○●○●++
5+●●○○○++
6+●○+○●++
7++++++++
8++++++++



ここは迷わず白a4と当てて、取ってきたらd6に入り、取らないでd6に入ってきたら気合いでa2と取る。 そんな普通の中盤だったはずが・・・ピッ↓




\ABCDEFGH
1++++++++
2+++○○●++
3●+○○○●○+
4+◇○●○●++
5☆◇◇○○○++
6+●○+○●++
7++++++++
8++++++++






!!!!








石を置いた瞬間に絶叫する男が一名いた。









そう、僕が置いたのは隣のa5だった・・・泣



でも美食家初段の事だからここからお緩い手を打って、良い勝負が出来るんだろうな^^ と思ってたら大間違いw  この日の美食家初段は強かった・・・結局このa5が敗着となり、ここから双方最善でサクッと詰まれて何も出来ずに終局してしまいましたとさっ 笑






六戦目

たなかさんのブログを見て下さい('-')ノ






コメント返し





>たおる

貴様に言うことは何も無い!




>微弱さん

いつもお世話になってます。このネタはパクリですが、
一生僕の大切な宝物として定期的に出していきたいと思っています 謎



>いくらちゃん

で、、、でじまーーー





またのー
スポンサーサイト

[edit]

page top△

« 今年一年のまとめ&来年の予定大会
天王洲スペシャル・・・・今年打ち納め »

 

page top△

 

Secret

 

page top△

 

トラックバックURL
→http://kurarablog.blog91.fc2.com/tb.php/116-d2dacbed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 

page top△

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。